確定拠出年金とは?メリット、デメリットを解説

老後の資産形成の方法として確定拠出年金が注目されています。

確定拠出年金は税制優遇されているため、やらないと損することがほぼ確定しています。

でも確定拠出年金って正直よく分からないし、調べるのも正直面倒くさいですよね?

友人

とりあえず会社に任せておけばいいや…

こんな風に、忙しい人はとりあえず勤務先に任せておけばいいやっていう状態の方も多いと思います。

会社に勤めていれば勝手に納税もしてくれるし、定年まで勤めれば自然と年金や退職金ももらえるし…

かくいう僕も実際そうでした。でも徹底的に調べてみて分かりました。

日本の税制度は知らないと100%損する仕組みになっています。

なので、この記事では「確定拠出年金とは?」について解説します。

確定拠出年金とは?iDECO(個人型年金)、企業型年金

確定拠出年金とは、日本の年金制度の一つで、自分自身で老後の生活資金を準備する年金のことです。

確定拠出年金は、現役時代に働いてコツコツ拠出した資金を運用し、60歳以降に老後資金として受け取る事ができます。

拠出した資金を運用する」ため、運用結果によって拠出額より増える場合もあれば、減る場合もあるのです。

なお、確定拠出年金には「企業型」と「個人型(iDECO)」の二種類があります。

また、職業や勤めている企業によってどちらに加入できるのかがことなっています。

それぞれ見ていきましょう。

補足

日本の年金制度は大きく分けて「国民年金」「厚生年金」「確定拠出年金」の3つがあります。

  • 国民年金:20歳以上の国民が必須加入
  • 厚生年金:サラリーマンや公務員が必須加入
  • 確定拠出年金:個人が任意で加入

確定拠出年金は、国民年金に加入している人ならだれでも加入することが出来る個人の積立年金です。

確定拠出型年金の種類:「企業型」確定拠出年金

「企業型」の確定拠出年金とは、企業が運用している確定拠出年金です。

勤め先の企業が企業型確定拠出年金を運用している場合、加入する事ができます。

企業型確定拠出年金の場合、毎月の給与とは別に、確定拠出年金を拠出してくれています。

確定拠出年金「企業型」のマッチング拠出制度について

企業型確定拠出年金には「マッチング拠出制度」がある場合があります。

マッチング拠出制度とは、企業が拠出している金額に上乗せして、自分の給与から追加で確定拠出年金を上乗せできる制度です。

確定拠出年金は拠出額分を所得から控除した上で所得税を計算してくれるため、基本的に使用した方がお得になります。

確定拠出型年金の種類:「個人型」確定拠出年金(iDECO)

個人型確定拠出年金(通称:iDECO)とは、個人で拠出するタイプの確定拠出年金です。

銀行や証券会社で申請することで加入することができます。

確定拠出年金の企業型と個人型(iDECO)の併用はできるのか?

企業型確定拠出年金と個人型確定拠出年金(iDECO)の併用は、出来る場合と出来ない場合があります。

具体的には、「マッチング拠出年金を運用していない企業であれば可能」です。

厚生労働省の運営するiDECO公式サイトにて、4クリックで簡単に診断できるので、この機会にぜひ調べてみましょう。

iDECO公式サイト(カンタン加入診断)

確定拠出年金のメリット

ここでは、確定拠出年金のメリットをご説明します。

  • 拠出額を所得から控除した状態で所得税が計算される
  • 運用益が非課税
  • 60歳まで引き出せないので、無駄遣いする事がない

確定拠出年金のデメリット

ここでは、確定拠出年金のデメリットをご説明します。

  • 60歳まで受け取れない(引き出せない)
  • 元本割れのリスクがある
  • 個人型確定拠出年金(iDECO)は手数料が毎月かかる

確定拠出年金とは?メリット、デメリット まとめ

記載中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)